HTTP/2

2021年1月25日

クライアント(Webブラウザ)とWebサーバーとの間で、どのようにデータをやり取りするかを定めた仕様がHTTPです。

HTTP/2に対応することで、ウェブサイトの表示が速くなります(^^)

HTTP/1.1

ウェブブラウザからのリクエストを1つづつしか処理できないという欠点があります。その分、ウェブサイトの表示が遅くなります。

HTTP/2

ウェブブラウザからのリクエストを複数、同時に、処理できます。その分、ウェブサイトの表示が速くなります。