IDS(不正侵入検知)とIPS(不正侵入防止)

2021年1月24日

IDS(不正侵入検知)

外部からの不正なアクセスを検出し、管理者に通知する機能を備えています。もし何らかの異常があれば、管理者へ通知することで対処を勧告します。

IPS(不正侵入防止)

IPSは異常な通信があったとき、IDSのように管理者へ通知するだけでなく、通信をブロックするところまで動作します。したがって、管理者が異常に気づいてから対処するのと異なりより迅速な対処が可能となります。