サブドメイン

2005年4月15日

ドメイン(ドメインネーム)は階層構造になっていますが、サブドメインは通常"www"となってる部分のこと。

レンタルサーバーによっては、利用するユーザーがみずから独自ドメインを取得する代わりに、レンタルサーバー会社が取得しているドメインのサブドメインで運用できるタイプのものがあります。


具体的には、ホームページのアドレスが、「http://ユーザーが希望する文字+レンタルサーバー会社提供のドメイン名」のようになります。

例1)レンタルサーバー会社が提供するドメイン名がlolipop.jpで、ユーザーが希望するサブドメイン名が"kaori"の場合。
http://kaori.lolipop.jp

サブドメインタイプでホームページをつくるメリット

  1. ドメイン取得費やその後のドメイン更新費用(どちらも数千円から1万円ほど)が掛かりません。
  2. また、ドメイン取得までの日数、手間がかからず、申込後すぐにサイト(ホームページ)を運用できる。
  3. そのドメインが持っているドメインパワーを利用できる

ここまで説明してきて、あれなんですけど^^;
レンタルサーバー比較ナビ管理人としましては、レンタルサーバー事業者の提供する「サブドメイン」プランはお勧めできません。

それは、後々別のレンタルサーバーに乗換えしたくなったときに、ホームページのURLを新しいものに替えざるを得ないからなんです。
詳しくは、管理人の体験談でもある、「レンタルサーバー選びの心得」をごらんください^^;